スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AviUtl機能個人的纏め2

妙に好評(思い込みかもしれない)だった気がする纏め2記事目

今回は需要が高そうなカメラ制御について色々と
解説に入る前にカメラ制御についての基本的なおさらいから。

AviUtl解説13

カメラ制御は一つの被写体(オブジェクト)に注目して、常にその方向にカメラを向けつつグルグルやる(語彙不足)機能です。
AviUtlのラスボス感を漂わせている機能なわけですが、実際使いにくい
そもそも鉄道MADの場合カメラ制御なんてほとんど必要としないわけですが、使わざるを得ない場面もあります故……(特にプラグインの中にはカメラ制御使用を前提としたものも少なくない)。

……まあとりあえずそういうのは置いといて。

・各パラメータのおさらい

AviUtl解説14

xyz座標:普通に減点を中心とした座標

目標xyz:目標レイヤーの座標を原点とした、カメラの向く方向を決める座標。決めた座標の方へカメラが向きます

目標レイヤー:注目したいレイヤーの数字を入力。なおこの数字をカメラ制御のオブジェクトが置かれているレイヤー数に設定するとカメラそのものが中心座標となる。つまりはxyz方向に動かしても目標座標を弄らなければ常に真っ直ぐ向くようになり、変な方向に向くことがなくなる

傾き:z軸回転。まあ普段やる回転と同じ。なおxy軸相当の回転は目標座標を弄ることで調整することを前提に設計されているので存在しない(この辺がめんどくさい)

深度ぼけ:一般的なカメラで言う絞り。目標レイヤーに焦点を合わせ、それより手前、奥にあるものはボケる

視野角:一般的なカメラで言う広角/望遠。視野角が広ければ広角になり狭ければ望遠になる。オブジェクトに近づける限界値とかがこの辺で変わってくる

Zバッファ~:簡単に言えば「オブジェクトがめりこんだりしてもいいか」ということ。チェックを付けるとカメラ制御下ではレイヤーの上下関係が無くなり座標によってのみ支配されることになります。
チェックをなくすとレイヤーの上下関係が最優先されるようになり、座標的にはより奥にあり隠れるはずのオブジェクトが手前にきたりします。

チェックあり
AviUtl解説16

チェックなし
AviUtl解説17

チェックないとグループ制御チックになる、程度に思っていただければ十分かなと

この辺を踏まえた上で個人的なコツとかを纏めた続きへ

続きを読む

スポンサーサイト

AviUtl機能個人的纏め1

色々Twitterでの需要が高そうだったので記事で纏めてみる。

とはいえ一つの記事では到底分量的にも無理なので、いくつかに分けて紹介……。

※他の基本的な操作についての説明はしませんので悪しからず。



続きを読む

引退

IMG_7609.jpg
IMG_7639.jpg
IMG_7645.jpg
IMG_7763.jpg
IMG_7792.jpg

当たり前だったものが、いつしかそこからいなくなる。日常が、気付けば非日常へ。

もう2か月以上も前の話になりますね。最後の運用を見届けることはとうとうできませんでした。
まあ、助かった面もあるんです。秋頃落ちると言われていたのが5月まで早まってくれたのは受験を控える身からしたら有難いことではありました。
しかし、もう少し走ってほしかったという思いも多分にあります。予定通りであればいまだに走っている訳で、心境として複雑です。

IMG_8720.jpg
IMG_8551.jpg

ついにラス2の8241Fが出場し、8000系の約15年に渡った更新工事も終わりを迎えようとしています。
また、同時に期待の新星、2代目ジェットシルバーの5700系も登場。西宮・神戸市内高架化も切り替えのカウントダウンが始まっており、今阪神は更なる過渡期を迎えようとしています。

IMG_7529.jpg

赤胴を追いかけ続けた1年半は楽しかったです。失敗有り、撮り逃し有りといろいろ災難にも遭いましたが充実していました。ここまでひとつのモノをこれまで追いかけたことなんてなかったので。そして恐らくこれから先もないかと思います。

いい青春をありがとう、赤胴車。


続きを読む

あけましておめでとうございます

なにやら4か月ぶりの更新らしく。まあ見てる人そんないないやろ

冬に北陸→東京に行ってきました。主にはくたか葬式がメイン。富山まではサンダバG、金沢から湯沢までははくたかGという超豪華仕様。
東京でのメインは7601だったのですが寝坊して撮れず終いというつらみ
IMG_4169.jpg
IMG_4215.jpg
IMG_4220.jpg
IMG_4181.jpg
IMG_4224.jpg
一眼じゃないのが悔しいけどどうしようもない

また今月も行ってきます

Akadogarbha


4か月にわたり制作していた新作を投稿してました。赤胴への思いがこもった作品です。投稿時刻に意味はありません


動画制作技術が向上し始めたのにつれて価値観も変わってきまして、最近は「他人の真似をしてもやり甲斐がない」と思うようになりました。投稿ペースが異様に遅くなってるのもそのせいです
いくら技術があってもセンスがないので、アイデアを捻り出すのにすごい時間がかかるんですよ。一回作ったのはいいけども気に入らず全部作り直しとかもありました。
しかし、そんな苦節の末完成させただけあり出来た動画は個人的にもかなり納得できるものでした。
他の動画では見られないようなオリジナルの表現方法が多かったと思っています。如何でしょうか。バレない程度に表現をパクった部分もあるけど

この動画を見て、「赤胴に乗りたい、赤胴を撮りたい」と思っていただけたら幸いです。

しかしどうにもならないのが色のセンスですね。こればっかりは誤魔化せない……どうすればいいんでしょうかね

動画を作り始めて3年、まだまだ精進していきたいところです

追記:音合わせにはあえて8000の未更新車にはつけられていないドアブザーと阪神1000の非同期音を使っていますが、これは広義の「赤胴」を考えたものです。
個人的な解釈として狭義での「赤胴」は赤とクリームのツートンの車両、広義としては阪神の優等車両全般を指すと考えています。動画は当然狭義ですが音は広義にしようと思いまして
プロフィール

夙川霊夢

Author:夙川霊夢
赤胴を常に追い続けている桜Trick中毒マン
なかいちとかいうのと同一人物
http://www.nicovideo.jp/user/2653711

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。