スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AviUtl機能個人的纏め2

妙に好評(思い込みかもしれない)だった気がする纏め2記事目

今回は需要が高そうなカメラ制御について色々と
解説に入る前にカメラ制御についての基本的なおさらいから。

AviUtl解説13

カメラ制御は一つの被写体(オブジェクト)に注目して、常にその方向にカメラを向けつつグルグルやる(語彙不足)機能です。
AviUtlのラスボス感を漂わせている機能なわけですが、実際使いにくい
そもそも鉄道MADの場合カメラ制御なんてほとんど必要としないわけですが、使わざるを得ない場面もあります故……(特にプラグインの中にはカメラ制御使用を前提としたものも少なくない)。

……まあとりあえずそういうのは置いといて。

・各パラメータのおさらい

AviUtl解説14

xyz座標:普通に減点を中心とした座標

目標xyz:目標レイヤーの座標を原点とした、カメラの向く方向を決める座標。決めた座標の方へカメラが向きます

目標レイヤー:注目したいレイヤーの数字を入力。なおこの数字をカメラ制御のオブジェクトが置かれているレイヤー数に設定するとカメラそのものが中心座標となる。つまりはxyz方向に動かしても目標座標を弄らなければ常に真っ直ぐ向くようになり、変な方向に向くことがなくなる

傾き:z軸回転。まあ普段やる回転と同じ。なおxy軸相当の回転は目標座標を弄ることで調整することを前提に設計されているので存在しない(この辺がめんどくさい)

深度ぼけ:一般的なカメラで言う絞り。目標レイヤーに焦点を合わせ、それより手前、奥にあるものはボケる

視野角:一般的なカメラで言う広角/望遠。視野角が広ければ広角になり狭ければ望遠になる。オブジェクトに近づける限界値とかがこの辺で変わってくる

Zバッファ~:簡単に言えば「オブジェクトがめりこんだりしてもいいか」ということ。チェックを付けるとカメラ制御下ではレイヤーの上下関係が無くなり座標によってのみ支配されることになります。
チェックをなくすとレイヤーの上下関係が最優先されるようになり、座標的にはより奥にあり隠れるはずのオブジェクトが手前にきたりします。

チェックあり
AviUtl解説16

チェックなし
AviUtl解説17

チェックないとグループ制御チックになる、程度に思っていただければ十分かなと

この辺を踏まえた上で個人的なコツとかを纏めた続きへ

続きを読む

スポンサーサイト

AviUtl機能個人的纏め1

色々Twitterでの需要が高そうだったので記事で纏めてみる。

とはいえ一つの記事では到底分量的にも無理なので、いくつかに分けて紹介……。

※他の基本的な操作についての説明はしませんので悪しからず。



続きを読む

プロフィール

夙川霊夢

Author:夙川霊夢
赤胴を常に追い続けている桜Trick中毒マン
なかいちとかいうのと同一人物
http://www.nicovideo.jp/user/2653711

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。